7月16日~7月20日までの経済指標

7月16日~7月20日までの重要な経済指標まとめ

7月16日(月)米・小売売上高

小売売上高はデパートやスーパーなどの売上高のことで、個人消費に直結し、GDPに大きな影響を与えるので重要な指標の一つです。

前月比や前年比の数字がプラスになっていれば景気が良くなっている証拠。小売売上高は季節要因や天候の良し悪しによって数値が変動することがあります。

しかし指標発表力後は大きくレートが動く可能性が高いので、30秒~1分の取引がオススメです。

その後も緩やかなトレンドが発生する可能性が高くなっているので、5分の取引を行えば勝率も上がるでしょう。

7月17日(火)英・失業率/失業保険申請件数

失業率とは働く意志があるのに仕事が見つからない人の割合のことで、

失業保険申請件数も同時に発表され手織り、イギリスの国家統計局が毎月中旬に発表しています。

雇用関係の指標は相場への影響が大きいので注目です。指標発表直後は短いトレンドが発生しますが、

その後すぐに反転するという特徴もあります。

他にも相場の動きが不安定になることもあるので、予測しづらい相場の時は取引をしないのが良いかもしれませんね。

7月18日(水)米・住宅着工件数/建設許可件数

住宅着工件数とは該当月にあらだに建設着工した新築住宅のことです。公共住宅は含まれませんが、

集合住宅は含まれます。また建設許可件数とは自治体などへの申請が必要な地域の建設許可のこと。

景気動向や個人消費動向への影響が大きい指標で全体的に大きなレートの動きが

発生するということはアリませんが、発表直後には大きな値動きが発生することもあるので

大きな値動きが出たら短期で取引をするのがオススメです。

7月19日(木)豪・新規雇用者数/失業率

アメリカの雇用統計に代表されるように雇用関係の指標は為替相場に大きなインパクトを与えることが多く、

投資家が注目している指標の一つで統計局が毎月中旬に発表しています。

雇用統計が為替レートに大きな影響を与える理由は雇用が個人消費に直結するためと言われており、

結果と予測の数値が大きく離れていれば変動pipsも大きくなるので予想値と結果の数値はしっかり見ておきましょう。

最初は大きくレートが動くので30秒や1分で取引を行い、その後は3分などで取引を行うことをオススメしますが、

トレンドはあまり長く続かないので相場が読みにくくなったら取引を控えると良いかもしれません。

7月19日(木)英・小売売上高指数

小売売上高はデパートやスーパーなどの売上高のこと。小売売上高は個人消費に直結氏、

GDPに大きな影響を与える重要な指標の一つです。前月比や前年比の数字がプラスになっていれば景気が良くなっています。

この指標が発表されると最初の1分間は大きくレートが動きますが、

その後は相場が反転して緩やかなトレンドが発生するので3分~5分で取引をするのがオススメです。

7月19日(木)米・新規失業保険申請件数

新規失業保険申請件数とは失業した人が初めて失業保険給付を申請した件数で、

毎週アメリカの労働省が発表しています。

ADP来よ社数は月に1回の発表ですが、失業保険申請件数は週に1回発表されるためリアルな景気動向がつかめます。

指標が発表される数分間はトレンドが続きますが、その後は反転して逆の方へとトレンドが続く可能性が高いため、

3分取引の後に同じように反転したところを狙って3分以上の取引がオススメです。

この記事が役に立ったと思ったらシェアしてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です