バイナリーオプションをスマホで!

バイナリーオプションをスマホで!

バイナリーオプションをパソコンじゃなくてスマホでも取引できないか?

このように考えたことありませんか?

テクニカル分析をどこでも簡単に行うなんてパソコン以外無理と考えている人も多いと思います。

そのような固定概念は捨て下さい。スマホでも十分可能で、スマホの方が良い部分もあったりします。

スマホ、PC、この2つを使った場合のメリット、デメリットなどを今回はお伝えしていきます。

バイナリーオプションでスマホを使う

環境があれば、スマホでもバイナリーオプションを行うことはできます。簡単に持ち運びができるので利用している人が増えています。性能が良いスマホも最近多いのでパソコンと変わらない感覚で取引できます。

トレーダー達が使用しているのはPCかスマホか

PCのみで取引している方はおおよそ22%、スマホとPCを使用している方も同じく22%の割合になっているようです。

スマホを使用している人は驚くことはないと思いますが、なんとスマホだけで取引している人の割合は56%もあるそうです。

こうなるとスマホを活用してバイナリーオプションで取引している人は8割近くいることになります。スマホの割合がここまで多いとは思いませんでしたね。

続いてメリット、デメリットをお伝えしていきます。

パソコン、スマホを活用するメリット、デメリットについて

パソコン、スマホ両方を使用している人もいることなので、この2つの良い部分、悪い部分を比べてみようと思います。

パソコンの場合

メリット

※ツールの選択肢が多い

※ネット環境が安定している

※操作しやすい

※チャートなどが見やすい

デメリット

※取引する場所が限定されてしまう(ノートPCの場合はある程度取引できるがネット環境を必要とされる。)

スマホの場合

メリット

※WIFI環境を必要としない(4Gで取引できる)

※頻繁にチャートを確認できる。

※場所が限定されない

デメリット

※画面が小さいので操作しにくい

どちらもメリット、デメリットがあることがわかりましたが、個人的には画面が大きいパソコンの方がストレスを軽減できると思っています。さらに、スマホの場合だと無駄な取引をしてしまう可能性が増えると感じていますが、最終的にはご自身に合った取引方法でエントリーしていきましょう。

スマホ取引はアプリを切り替えることがカギになる

スマホの場合、画面が小さいのでチャートを見る画面とエントリーする画面を切り替える必要があります。

(チャート用アプリ、エントリー用アプリ、この2つの切り替えが必要になってきます。)

まず始めにチャートアプリを使い、相場を分析していきます、このあとにエントリーチャンスが巡ってきたらエントリーアプリに切り替えてエントリーしていきます。このようにアプリの切り替えが重要になります。切り替えるタイミングに慣れていきエントリーが遅れないようすること重要になってきます。

ツールを使うならPC

パソコンではメリットでもお伝えした通りツールの選択肢が増えます。スマホにもツールを取り込むことはできますが、

種類が少なくいのが現状です。パソコンの方が性能に優れたツールの種類も多くあります。優れたツールを使って取引を円滑に進めるのであればパソコンを使用することをおススメします。

最後に

今回はバイナリーオプションでスマホを使った場合の良い部分、悪い部分をお伝えしました。

パソコンの場合は、使えるツールの種類が多し操作しやすいけど、環境を選らばなくてならない…

スマホの場合は、場所を選ばず取引できるけどツールの種類が少ないし、アプリの切り替えるの面倒だし、

エントリーチャンスを逃してしまうのではないか…

結果このような悩みが出てくると思いますが、どっちが取引しやすいかその場、その場に合わせて上手く使っていくことをおススメします。(個人的にはやはりパソコンがおススメですね。)

 

 

この記事が役に立ったと思ったらシェアしてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です