ボリンジャーバンドの見方と使い方とは?

ボリンジャーバンドの見方と使い方とは?

主に、逆張り指標として紹介されることの多いボリンジャーバンド。非常に人気のインジケーターで、多くのトレーダーに利用されています。トレンドフォローにどのように利用していくのか、その見方と使い方について解説します。
バンドの形状や動きのクセを把握することで、どこまで利を伸ばすことができるのか・この後値は思う方向に伸びてくれるのかといったことまで、はっきりと見えてきます。

 

まずは知っときたいボリンジャーバンドの基礎知識

 

ボリンジャーバンドは、1980年代にジョン・ボリンジャーによって発案された指標で、統計学の標準偏差の考え方を移動平均線に取り入れたものです。移動平均線の上下に、同期間の標準偏差ラインを引いて、大半の価格がこの中で推移するという考え方に基づいて相場を判断するものなんですね。

一般的には移動平均線であるミドルバンドと1σ・2σ・3σ(シグマ)ラインで構成されます。

 

ボリンジャーバンドは逆張りに使える?

標準偏差というのは、簡単に言うと、価格がどのように分布しているのかを表すものと考えてください。この標準偏差の考え方に従うと、

■±1σ内に価格が納まる確率は68.3%
■±2σ内に価格が納まる確率は95.5%
■±3σ内に価格が納まる確率は99.7%

となります。ということは例えば、±3σより外にレートがあるときに逆張りポジションをとれば、99.7%の確率で内側に戻ってくると考えられますね!この考え方が、多くの書籍やサイトでボリンジャーバンドが逆張り指標であると言われている根拠です。

ただ気をつけていただきたいのはボリンジャーバンド単独ですと逆張りの指標としては使えないのです。他のインジケーターと組み合わせたり、様々な条件の下ではじめて使える考え方となります。

 

ボリンジャーバンドの基本的な動き方

 

スクイーズ

スクイーズというのは、英語で搾る・押しつぶすといった意味です。その名の通り、ボリンジャーバンドがギュッと搾られた状態を表しています。レートの値動きが非常に小さくなるため、トレードするには不向きな局面と捉えることができます。

しかしながら、このスクイーズの状態が長く続けば続くほど次へのエネルギーを溜めることになるため、その後大きなトレンドが発生するきっかけとなります。

 

エクスパンション

 

エクスパンションは、上記のスクイーズの後によく見られる状態で、バンドの両端が大きく開くことを意味します。相場のトレンドに勢いが出たときに見られる形状で、レートは一気に上昇・下落するためトレードチャンスとなる状態です。その時は順張り手法をおすすめします。

値動きと逆側のバンドも同時に開くのがエクスパンションの状態で、値動き側が開いただけではエクスパンションとは見なさないので、注意が必要です。

両側のバンドが開いたエクスパンションの状態では、一方向に勢いよくレートが推移する強いトレンドとなりますが、値動き側だけが開いた状態ではその方向にレートは推移しても、値が上下しやすくなります。値動きと逆側のバンドの開きの有無がポイントとなります。

 

バンドウォーク

 

上記のエクスパンションの後、開いたボリンジャーバンドの縁に沿ってレートが推移する状態をバンドウォークと呼んでいます。

上位足でこの状態のとき、その下位足でトレードしやすい状況になっている場合が多いですね。例えば、日足でエクスパンションしながらバンドウォークしているような相場では、一日中値幅が大きく一方通行の強いトレンドができやすい環境となります。

また、エクスパンションはしなくとも、レートがバンド上をダラダラと一方向に推移するバンドウォークも存在します。このようなときは、その方向に進みながらも上下の動きが大きくなりがちで、一般に少しトレードの難易度は高まります。

 

相場の勢いをみて、逆張り、順張りを判断する

 

 

上記の左右のトレンドが強い時は、逆張り手法を使うよりかは順張り手法でトレンドに逆らわないでエントリーすることをおすすめします。

逆に真ん中の勢いが弱い時は、2σや3σを見て他の条件も揃えば逆張り手法を使うのもいいでしょう!

 

 

まとめ

ボリンジャーバンドの、基本的な見方や使い方をまとめてきました。バンドには1σ・2σ・3σとありますが、一般的に2σが良く使われているようで、私も2σをメインで表示させています。

チャートに1本表示させるだけで、相場の勢いを見ることが可能となり、これから値がまだ伸びるのかどうかの判断にも使えます。エントリー後エクスパンションしてくれば、順張り手法などトレンドにそってエントリーして、逆にバンドがしっかり開かなければ、逆張りなどすぐに戻ってくる可能性も高くなります。

ボリンジャーバンドは、相場環境を把握できるだけでなく、エントリー・決済ポイントの判断にもなる優秀な指標です。正しい見方と使い方をすることで、勝率も利益も全く違ったものになると思います。

この記事が役に立ったと思ったらシェアしてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です