移動平均線を使ってバイナリーオプションで稼ぐ

移動平均線を使ってバイナリーオプションで稼ぐ

バイナリーオプションでは多くの手法や分析方法が存在しています。今回は紹介するのはテクカル分析の中でも基本中の基本になる移動平均線を解説していきます。熟練投資家も使用している分析方法ですが、移動平均線には何種類かあり、覚えておいた方が良い2つの移動平均線があるのでしっかり覚えておいて下さい。

移動平均線について

一定期間の価格を平均的に計算してつないだ線のことを表しています。10日間でいうと移動平均の値は10日分の平均的な価格になりますよね?ここから平均的な価格を繋いでいった線を10日移動平均線と言います。

移動平均線を使うには

色々な使い方ができる移動平均線ですが、良く使用されている方法を説明していきます。相場の転換する所を教えてくれるのが移動平均線です、多くは移動平均線が交差する時で下記2点は比較的強いサインになるのでしっかり覚えておいてください。

1、短い移動平均線が長くなっている移動平均線を下から上に上がっている時

2、短い移動平均線が長くなっている移動平均線を上から下に下がっている時

1がゴールデンクロスと呼び、2をデットクロスと言います。線が重なった方へ相場が動きだす可能性があることを表してします。

2大移動平均線とは

ここからは2種類の移動平均線を説明していくので、しっかり覚えていきましょう。

EMA(Exponential Average)=指数移動平均線

SMA(Simple Moving  Average)=単純移動平均線

一般的な移動平均線がSMAになりますが、EMAには性質が何個かあるので説明していきます。

EMAの特徴

大体のチャートで利用することでき、SMA,EMAどちらかを利用する投資家がほとんどだと思います。特徴はEMASMAを軸にしてもっとも最近の値動きに反応する特徴をもっています。

では、なぜ直近の価格に重点を置くかというと、直近の値動きを重視した方が、これまでの値動きをあまり気にしなくて良く、集中して質の良い分析を行うことができるからです。このように考えるとSMAよりEMAの方が取引のサインが早く出るという性質があることがわかると思います。

EMAとSMAは何が違うか

SMA,EMA、2つの移動平均線について説明しましたが、やはりメリット、デメリットがあります。

EMA

メリット=SMAより直近の値動きに対応できる。

デメリット=大きな値動き、レンジ相場にあまり向いていない(ダマシに合う可能性があります。)

SMA

メリット=長期的にトレンドがどのように動くか把握するのに向いている。

デメリット=直近の値動きの反応がEMAより遅れてしまう。

質問コ―ナー

問 EMAのダマシを回避する手段はありますか?

答え SMAと一緒に使用しながら短期、長期、中期の線を分析していくことをおススメします。

トレンド相場の時は反応が早いEMAですが、レンジ相場になると反応は素早いことが逆に悪影響を及ぼしてしまいます。売買のサインを間違えて確認することも、少なからず出てきてしまします。EMA,SMAの長期線を使用してEMAの値動きのダマシに合わないように分析しながら裁量も磨いていきましょう。

最後に

移動平均線には2つ種類があり、どちらの良い部分、悪い部分を理解していただけたと思います。基本、トレードの際は値動きを重点的に見ていくことです。投資家達がとても大切にしている値動きをを理解せずインジケーターだけを頼りにしていても稼ぐことは難しいのです。一番重要なのはトレードしている人達が買いはココ、売りはココという所は理解する事です。値動きを理解するために移動平均線は基本になるのでしっかり覚えておきましょう。

 

この記事が役に立ったと思ったらシェアしてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です