これだけは覚えとおこう!ローソク足のパターン

これだけは覚えとおこう!ローソク足のパターン

 

酒田五法

酒田五法とは江戸時代から伝わるローソク足の読み方です。

これは江戸時代の米相場で活躍していた相場師の本間宗久(ほんまそうきゅう)

という人物が見だしたと言われている。

相場全体の流れで起こりうるパターンを表しています。

5つの基本パターンを組み合わせて相場の動きを判断できます。

 

酒田五法の5つのパターン

 

三山

 

これは相場が下落に向かうときに見られる形で、上げ下げを3度くり返して3つの天井(山)を形成するのもで相場の大天井を表している。真ん中の山が最も高い「三尊天井」が典型で、「ヘッド・アンド・ショルダー」とも呼ばれている。

 

三川

 

3本の線から相場の転換をとらえるもので、売り(下落)シグナルの例としては「三川宵の明星」、買い(上昇)シグナルの例は「三川明けの明星」などがある。

 

三兵

 

 

これは白いローソク足(または黒いローソク足)が3本続けて現れたものをいいます。白が3つ並んだものが「赤三兵」、黒が3つ並んだ形が「黒三兵」です。
「赤三兵」は大きな上昇相場の前兆となり、逆に「黒三兵」は下落相場のシグナルとなる。

 

三法

 

 

これは相場の流れが休みに入るパターンです。「上げ三法」は上昇相場で長い白のローソク(大陽線)が出た後、黒と白の短いローソクを3本はさんでまた大陽線が出る形です。中間の3本が先の大陽線の安値を下回らず次の大陽線で一気に株価が戻ります。この逆が「下げ三法」です。

 

三空

 

 

上げ相場では「三空踏み上げには売り向かえ」といわれている。三空とは相場の形成過程で3つの空(窓)ができるパターンです。ポンポンと株価が飛ぶように 上昇していきます。図のような三空の踏み上げは一気に天井を打つ公算が大きく、売りのサインとなる。

 

まとめ

上昇相場の場合、「三川」でトレンドの転換があり、「三兵」で上昇の初期段階を確認し、「三法」と「三空」をくり返して「三山」で天井を付ける、といったような流れになり、「酒田五法」は、この5つのパターンを組み合わせた相場の判断法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が役に立ったと思ったらシェアしてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です