バイナリーオプションRSIの見方を解説!

バイナリーオプションRSIの見方を解説!

RSIは、直近の一定期間において終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのか計測しようとする指標です。
直近n期間の各時点における終値ベースの変動幅、つまり、上昇幅の累計と下落幅の累計を合計し、そのうち上昇幅の累計が全体の何%を占めているのかを計る指標です。
RSIは、50%を中心として0~100%の範囲で推移し、上昇局面に入ると数値が50%以上で推移し、下降局面に入ると数値が50%以下で推移します。
通常、RSIが70%(80%)以上であれば相場は買われすぎ、逆にRSIが30%(20%)以下であれば相場は売られ過ぎであると判断されます。

RSIの期間は、日足では9日から52日程度、週足でも9週から13週程度で使用されることが一般的です。
通過をを見れば、振れ幅の違い、上昇、下降の速度の違いを映した反転の目安があるはずです。
わずかな誤差を読み取るには、指標に使用する計算期間を常に同じに設定して、その期間での反転ポイントを把握した方が、期間を変えて使うよりも確率は高くなると思われます。

 

 

RSIの見るポイント

 

RSIは短期から中期的なタイミングをとらえるのに投資家達に広く使われ、次のポイントにおいて効果的です。

 

  • 短期的には14日を使うことが多く、75%以上は買われすぎ、30%以下は売られすぎとみます。
  • 14日線は8ヶ月~10ヶ月の上昇トレンドの押し目に有効で30%以下は買いになります。
  • 上昇トレンドは14日線が80%過ぎると、目先反落が近づいています。
  • 価格が出来高を伴って上昇を続ける場合80%を過ぎても、価格の上昇は続くケースがあります。
  • 価格が上昇中に42日・52日線が70%以上になると、目先高値に近づいています。
  • 42日・52日線が70%以下から下降すると、価格はしばらく調整に向かいます。

 

RSIの注意するところ

RSIは逆張り用のテクニカル指標として最も有効な指標の1つですが、比較的うまく機能するのは保ちあい、あるいは穏やかなトレンド相場だけです。
非常に力の強いトレンド時においては、買われすぎに見える局面で売ってもその後さらに相場は上昇、売られ過ぎに見える局面で買ってもその後さらに相場は下落することがあります。これは騙しとも言います。

 

RSI上級テクニック

 

ダイバージェンス法則

 

高値圏、安値圏で、価格が以前の高値(安値)水準よりも上昇(下降)しているにもかかわらず、RSIの水準は以前の高値(安値)をつけた時の水準よりも下(上)に位置している現象のことです。

RSIが底を打つ時、その水準が前回つけたRSIの底の水準よりも高いにもかかわらず、RSIがそこを打つ時の価格が前回つけたRSIの底の水準の価格よりも安ければその後大きく反発する可能性が高いとされます。

また、RSIが天井をつける時、その水準が前回つけたRSIの天井の水準よりも低いにもかかわらず、RSIが天井をつける時の価格が前回つけたRSIの天井の水準の価格よりも高ければその後大きく反落する可能性が高いとされます。

 

まとめ

RSIを使ったトレーダーの中でも、ボリンジャーバンドとの相性がいい!と絶賛して併用しているトレーダーはたくさんいます。

RSIは高値圏や安値圏での「売られ過ぎ・買われすぎ」の判断や、中心線からの位置によって相場の方向性を探ることができますが、時と場合よっては、天井買いや底売りになってしまうこともあります。

RSIの中心線をまだ下に抜けていないからロングで良いと思っていたら、すでに下落が始まっていたなど、RSIだけでは騙しが多いのも事実ですが、その騙しを解消してくれるのが、ボリンジャーバンドです。

RSIでは中心線を抜けていなくても、「ボリンジャーバンドの中心線は抜けていた」という時は、ボリンジャーバンドの流れ通りに動くこと(バンドウォークと呼びます)が多くあります。

またRSIはトレンドが始まってしまうと機能しなくなりますが、そのトレンドが始まるか?反発するか?は、ボリンジャーバンドで判断できますので

ボリンジャーバンドで反発を確認したらRSI通りの逆張りをする。

トレンドが発生してしまったら、ボリンジャーバンドに従って順張りトレードをする。

こういうやり方だけでも、十分に利益を出せるようになると思います。

RSIだけでは判断に悩む相場の方向性であっても、ボリンジャーバンドを併用することでより正確に近い相場分析が出来るようになるので、RSIにオススメのテクニカルと言えるでしょう。

 

 

 

この記事が役に立ったと思ったらシェアしてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です