勝率の上がるローソク足転換サインとは?

勝率の上がるローソク足転換サインとは?

相場を見極めるにはローソク足のパターン、形を覚えて行くことが重要です。

今回は2つのローソク足の転換サインとなるパターンをお伝えします。

高値圏で出現した場合の転換サイン

 

トウバとは上ヒゲが長く下ヒゲがないローソク足のことを言います。T字をひっくり返したような形で始値と終値、安値が同じということです。一回は高騰したことが言えますがその後売りの力に戻されたことがわかります。高値圏で出現した場合次足は陰線になりやすいです。

安値圏で出現した場合の転換サイン

上記の画像はトンボと言います。T字ですね!

始値と終値が同じだった場合、実体は長方形ではなくただの線になります。トンボの場合始値と終値が同値で高値も同じ値ということがわかります。一回安値が大きく下げてまた買いの力に戻されたことを示しています。

ですのでこれから上昇するサインとして予測できますので次足は陽線になりやすい傾向があります。

エントリー手法は?

トウバを応用したエントリー手法をここでご紹介します。

上記画像を見てみるとトウバの前足が陽線になっています。

高値圏で大陽線のあとにトウバが出現したら次足は陰線になりやすいのでLOWエントリーです。

大陽線とトウバを組み合わせたローソク足のパターンです。

次にトンボのエントリーパターンです。

トンボの場合も大陰線や陰線後にトンボが出現その後は陽線になりやすいのでHIGHエントリーです。

安値圏で大陰線とトンボを組み合わせたローソク足のパターンです。

まとめ

今回ローソク足の転換サイン2つのパターンをお伝えして行きました。

この2つのローソク足はどこの価格帯で出現するかが重要になります。

高値圏=トウバ=LOWエントリー

安値圏=トンボ=HIGHエントリー

このように頭に入れとくとチャートで出現したときにすぐにエントリーできるようになります。

気をつけてもらいたいのが世界の経済状況や指標などで全く通用しない時もありますので注意してくださいね!

今回の記事について、

不明点、質問がありましたら、

LINE@に直接連絡を下さい。

バイナリーでは、勝率をあげていくことが鍵になります。

エントリーポイントが明確ではない。

勉強の仕方がわからない。

このようなことを解決して

皆で稼いでいくコミュニティを運営しております。

今よりも知識を深めて、バイナリーで稼ぎたい

このように決意している方は

LINE@から

コミュニティー詳細希望

メッセージを下さい。

LINE:ID検索

@ymo4182s

こちらからLINE@登録していただいた方には

僕のエントリーロジックを無料特典としてプレゼント致します!

この記事が役に立ったと思ったらシェアしてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です