レンジ相場の種類とは?

レンジ相場の種類とは?

こんにちは!平塚です!

皆さん水平線を引いてエントリーされていますか?水平線上での転換パターンはたくさんありますが、チャートパターンだけではありません。水平線付近でもみ合いになってどちらかに抜けていく。

このような状況の方が多くみられると思います。そのもみ合いは単純化すれば何パターンかに分けることができます。そのパターンと特徴を知れば次の相場の以後きも予測しやすくなると思います。

そこで今回はレンジの種類についいてお伝えしていきたいと思います。

相場の7割はレンジ相場

よく相場の7割はレンジ相場と言われています。レンジはトレンドの中盤や終盤に発生すると僕は考えています。レンジになる前はそれまでの流れが必ずあります。

これによってレンジの種類が意味するところがわかると思いますし、相場は複数の時間足の環境や動きは大きい時間軸ではボラがあるけど短い時間足ではボラがないという状況もあるということです。もちろん逆も考えれます。

基本的にはレンジ相場はどちらに抜けていくかはわかりませんが、大枠でトレンドが出ている時の方向と、レンジの種類によってこっちに抜けるであろうポイントがあるのでその方向が合致した場面が一番狙いやすいです。

それと順張り手法で取り組んでいる方は、レンジ相場ということは相場はもみ合ってパワーを貯めていますからレンジの直後を狙った方が勝ちやすいとも言えます。

相場は売り勢と買い勢の綱引き

相場というのは売りと買いの綱引きです。

トレーダーはこの綱引きが今どっちが優勢かを見極めて有利な方に参加します。トレンド相場はまさにその綱がどちらかに大きく動いている時です。上昇トレンドは買い勢がガンガン綱を引きまくっている時で、買いの綱を引いている人が多い状態です。

下降トレンドはその逆です。

レンジはというとどちらも譲らずその力関係が拮抗している状態です。

レンジは熾烈な綱の引き合いなんです。

レンジの種類と特徴

平行レンジ

まずは平行レンジです。これはオーソドックスなレンジですよね。

このレンジのどこを上限と下限と見るかが重要です。これがわかれば平行レンジで有利に戦えるかどうかが決まると言っても過言ではありません。そもそもレンジというのは売り勢と買い勢の力関係が拮抗している状態です。

レンジ上限では売りの圧力が強まり、

レンジ下限では買いの圧力が強まりどちらにも動けない状態です。

買いが押してきたと思えば今まで買いの綱を引いていた人が売り側の綱をひきに周り、売りが押してきたかなと思えば今まで売り側の綱を引いていた人が買い側の綱を引くのです。

平行レンジはその力関係が逆転するポイントがある程度揃っているのがレンジで、平行レンジの優位性はここの部分になります。

この綱引きはどちらに抜けるかは事前にはわかりませんし、いつ抜けるかもわからないです。

ただわかっていることはいつかは抜けるということだけなので、戦い方とすれば、

レンジが続くことを信じて上限から入るか?下限から入るか?どちらかに抜けるのを待ってそこから入るかということになります。

アセンディングトライアングル

アセンディングトライアングルは下からの圧力が徐々に強くなっていくレンジです。上値抵抗線に向かってジリジリ値動きが煮詰まってきて、綱引きで言うと徐々に売り側の綱を引く人が減っていき最後は耐えきれなくなり買い側が一気に優勢になるということです。

そして抜けたあとは今まで上値を抑えていた水平線でレジサポ転換してからの上昇を狙うのがいいでしょう。

ディセンディングトライアングル

ディセンディングトライアングルは上からの圧力が徐々に強くなってくレンジです。下値抵抗線に向かってジリジリ値動きが煮詰まっていくというイメージです。さっきとは逆のパターンです。この場合は下に抜けていくのがセオリーです。

このディセンディングトライアングルを抜けたあとというのは、一旦戻してそのまま下落するか、しばらくヨコヨコになって下落することが多いです。

三角持ち合い

三角持ち合いは上からと下から両方の圧力が強まり徐々に値動きが収縮して最後にはドーンっといったレンジです。

アセンディングトライアングル、ディセンディングトライアングル共に値動きが煮詰まるタイミングというのが視覚的に捉えやすく、そろそろ抜けてきそうだな!というのが比較的にわかりやすいレンジであると言えるでしょう。

だだどちらかに抜けるのは全く不明です。僕がいつも見るべきところは直近の流れを見ていけばその流れのまま抜けていくことが多いかなと思います。

まとめ

今回はレンジの種類と特徴をお伝えしました。レンジ相場が7割と言われている中でこのようにレンジを理解していけばエントリーポイントも見えてくるのではないでしょうか?

この先がどうなるか?も大事ですが上に抜けたらどうするか?下に抜けたらどうするのか?ということもあらかじめ考えておき、実際にチャートを見て今の値動きに対して考えていた通りに冷静に対処するほうが重要かなと思います。

レンジを理解してチャートの本質をマスターしたい方はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓

LINE:ID検索

@ymo4182s

こちらからLINE@登録していただいた方には

僕のエントリーロジックを無料特典としてプレゼント致します!

 

 

この記事が役に立ったと思ったらシェアしてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

“レンジ相場の種類とは?” に1件のコメントがあります